ボディピアスの歴史と現在のファッションとしてのあり方

その歴史とは

ボディピアスはいつからはじまった

ボディピアスは1970年代のアメリカが発祥とされています。ただし、ファッションとして一般的に取り入れるようになったのはという意味で、ボディピアス自体は古来より世界各国の民族的習慣として存在していました。 例えば、他の民族と見分けるため、健康のため、権力の象徴、願掛け、魔除けなどいろんな意味をもって装着されてきているのです。 そういった習慣を、自然志向や民族衣装的なものに傾倒したヒッピーという新しいスタイルの人間が取り入れたことで、ボディピアスは一般的に認知されるようになりました。さらに、そこからパンクロッカーなどに広まり、現在は装着する部位によっては抵抗なく受入れられているアイテムとなっています。

メジャーなファッションアイテムとして

ボディピアスは以前に比べれば受け入れやすくはなってきていますが、ファッションピアスとしての位置づけにはなっておらず、偏見の目があるのは確かです。それでも耳、鼻、口、臍あたりにするボディピアスは多くの若い方の指示を受け、装着している人も少なくはありません。 それを踏まえると、部位によってはメジャーなファッションアイテムとして認知されてきていると考えることができるでしょう。 しかし、就職をしたら、結婚をしたら、子供が生まれたら現在の日本ではボディピアスの存在は不利に働く可能性があります。よって、もしも装着をするのなら、将来のことを考えて検討することも大切です。 特に顔などの目立つ部位にピアスホールを開ける場合は注意しましょう。

より魅力的に

オシャレに着飾るピアスは、ファッションアイテムとして効果的に使用できるのが魅力で、スタイルやコーデに合わせて選らべるため、個性的なオシャレを楽しむ事ができます。

男性に最適

女性と違いほとんどの男性がバッグを乗用しません。そのため、ポケットに財布をしまう傾向にあります。落とさないように工夫が施された財布など、最近ではさまざまなものがあります。

こだわるポイント

男性にとっての財布は、女性にとってのものと比べて、それに求める条件が若干異なってきます。メンズ雑誌などではファッションアイテムのひとつとして財布が大きく特集されているほどです。